ホーム>GRG GRC FRP これは何?>P.1

ホーム| 次のページ>

 はじめに

  GRG、GRC、FRPとはそれぞれ以下の頭文字を取った製品です。

  GR (Glass fiber Reinforced Gypsum) :石膏製品

  GR (Glass fiber Reinforced Cement) :セメント製品

  FR (Fiber Reinforced Plastics) :樹脂製品

Glass fiberは「ガラス繊維」、Reinforcedは「強化された」を意味します。

Gypsumは「石膏」、Cementは「セメント」、Plasticsは「プラスティック(不飽和ポリエステル樹脂)」を意味し、石膏製品はGR、セメント製品はGR、プラスティック製品はFRと覚えると簡単かもしれません。
FRPをGRPと呼ぶところもあるようです。 
 
型にそれぞれの材料(石膏・セメント・樹脂))を流し固めた物が製品となります。

たい焼きをイメージすると分かりやすいかもしれません。
溶いた小麦粉が石膏、セメント、樹脂になります。
それにガラスマットの補強が入ります。

たい焼きを作る場合に必ず焼型が必要なようにGRG・GRC・FRPを作る場合にも型が必要になります。
型にも種類があり最適な型を選ぶ必要があります。
詳しくは次のページをご覧下さい。 

参考イメージ
 
素材 用途
GRG: 主に内部の装飾に使用します。(装飾天井/ドーム/化粧柱/モール/装飾壁/レリーフなど)
GRC: 主に外部の装飾に使用します。(柱/モール/装飾壁/モニュメント/レリーフなど)
FRP: 内部、外部の装飾に使用します。(上記に準じますが法的に不燃材指定される部位には使用できません)
ここではGRG、GRC、FRPをまとめて『型起こし製品』と呼ぶことにします。
(ただし、これは一般的な名称ではありません。ご説明上で必要な仮称です。)


 弊社取扱い商品

弊社取扱いは次の通りです。
カナダ工場 GRG、GRC
Quarry Cast(Glass fiber Reinforced Mineral)
Metal Cast(Glass fiber Reinforced Mineral & Metal Powder)
   
メキシコ工場 GRG
※カナダ・メキシコ工場でのFRP製品の取扱いはございません。
日本国内提携工場 GRG、GRC、FRP、セラミック
国内製造品はカナダ・メキシコ工場と製法が異なるオリジナル製品です。



ホーム| 次のページ>